兼業飲食オーナーを支援する会員制コミュニティー

週末飲食オーナー倶楽部

  • ホーム
  • 週末飲食オーナーとは
  • スタートガイド
  • 飲食経営を学ぶ
  • 養成講座
  • お知らせ
  • 一般会員(無料)登録
トップ > ケーススタディ > 現場とWin-Winの関係を築きオーナーに徹するスタイルで安定経営を実現! > 【その1】 一冊の本との出会いが、岡本の夢を後押しした。

【その1】 一冊の本との出会いが、岡本の夢を後押しした。

現場とWin-Winの関係を築きオーナーに徹するスタイルで安定経営を実現!

オーナー

岡本 浩二(仮名) 40代
プロフィール

広告関係の会社に勤務する傍ら、都内で二つの店を経営するオーナーとして活躍する。住居は東京から離れた地方都市。遠距離を通いながら店の経営に携わり、30代半ばでオーナーとなり、はや10年。新しいビジネスシーズを現在も発掘中。

飲食オーナー遍歴

 2001年9月 郊外(地方)に焼鳥屋(フランチャイズ)をオープン
→2008年3月 本部に売却
 2004年9月 新宿(東京)に焼鳥屋(独自業態)でオープン
→2006年3月 店長に譲渡
 2006年9月 日本橋(東京)に焼酎ダイニングをオープン
 2010年2月 板橋(東京)に中華食堂をオープン


第一章「現場とWin-Winの関係を築きオーナーに徹するスタイルで安定経営を実現!」


 
■■
■■ 一冊の本との出会いが、岡本の夢を後押しした。
■■
 

 現在、都内に焼酎ダイニングと食堂の二店舗を構える岡本。


 傍から見れば、飲食店のオーナーそのものだが、
 本業はサラリーマン。


 紆余曲折を経て、彼はここまで駆け上がってきた。


 岡本が飲食店のオーナーを志したきっかけは、
 以前、外食と中食をメインとしていた
 食品会社の本部に勤めていたことからだった。


 間近で飲食店経営に携わりながら、
 基本的な経営ノウハウを肌で感じていた。


 そして、
 心の片隅に留めていたオーナーになる想いを決意へと変えたのは、
 一冊の本との出会いだった。


 その本とは、
 京都に本部があり、焼鳥屋のチェーン店を展開する社長が書いた自叙伝だ。


 そこに描かれていたチェーン展開の手法に、
 岡本は気持ちを高ぶらせていた。


 それは、現場のマネジメントは殆ど本部で行い、
 オーナーとして投資を行いリターンを得る方法だ。


   「このビジネスモデルなら、
    俺の住む街でも出店させることができるはずだ――」。


 当時、岡本が住んでいたのは、とある地方都市。
 その地域には、その会社が運営する焼鳥屋はまだなかったのである。


 そこに目を付けた岡本は、
 自身が投資をしてオーナーとなることを決意した。


 そして、ストックオプションで得た資金を元手に、
 2001年9月、オーナーとして初めての店を地元にオープンさせたのだった。


 しかし、岡本を待ち受けていたのは、
 思いもよらぬ出来事だった・・・。

無料会員登録

「会社を辞めず・・・他の仕事を持ちながらでも飲食オーナーになれる。そんなオーナーを500人は輩出したい」これが「週末飲食オーナー倶楽部」代表、高樹公一の口癖です。そんな想いを持つ高樹公一が、自身の経験から得た【兼業的な飲食店経営のポイント】を小冊子としてとりまとめました。
飲食経営にご興味ある方にとって必読の小冊子「虎の巻」(PDFファイル)。このサイトをご覧の方すべてに必ず読んで頂きたい内容です。 しかも無料!

⇒ パスワードをお忘れの方はこちら

詳しくはこちら

プレミア会員

兼業飲食オーナーを目指す方や既存飲食オーナー向け!
他のネット・雑誌&本などでは絶対に公開されていない実践的な情報をお届けする「プレミア会員向けメルマガ」、養成講座・講演&イベントなどの参加費20%割引、その他開業支援サービスなど会員特典メリットが多数あります。

⇒ パスワードをお忘れの方はこちら

詳しくはこちら

プレミア会員ログイン

Copyright © Shumatsu Inshoku Owner. All Rights Reserved.