兼業飲食オーナーを支援する会員制コミュニティー

週末飲食オーナー倶楽部

  • ホーム
  • 週末飲食オーナーとは
  • スタートガイド
  • 飲食経営を学ぶ
  • 養成講座
  • お知らせ
  • 一般会員(無料)登録

【その2】 外食産業を揺るがす、様々な問題が発生。

外食産業を揺るがす、様々な問題が発生

オーナー

岡本 浩二(仮名) 40代
プロフィール

広告関係の会社に勤務する傍ら、都内で二つの店を経営するオーナーとして活躍する。住居は東京から離れた地方都市。遠距離を通いながら店の経営に携わり、30代半ばでオーナーとなり、はや10年。新しいビジネスシーズを現在も発掘中。

飲食オーナー遍歴

 2001年9月 郊外(地方)に焼鳥屋(フランチャイズ)をオープン
→2008年3月 本部に売却
 2004年9月 新宿(東京)に焼鳥屋(独自業態)でオープン
→2006年3月 店長に譲渡
 2006年9月 日本橋(東京)に焼酎ダイニングをオープン
 2010年2月 板橋(東京)に中華食堂をオープン

 


第二章「外食産業を揺るがす、様々な問題が発生」


■■
■■ オープン一年後、岡本を襲った予想外の逆風
■■


 岡本の読みは見事に当たった。
 
 地方都市の郊外にある店舗とはいえ、
 その地域の方々にとっては初めて目にする有名店。
 すぐに住民の心は奪われた。
 
 さらに、9ヵ月を費やして探した物件にも、
 ヒットの要因が隠されていた。
 
  “なるべく人が集まりそうなところ――”


 そのこだわりを曲げることなく、岡本はあらゆる場所を探し回った。
 そこで岡本の目に留まったのが、大学病院が隣接されている場所。
 
 岡本がこだわり抜いた立地条件は、店の人気に火を付けたのだった。


 店をオープンして一年・・・。
 順調に経営を軌道に乗せていた岡本だったが、
 予想外の展開が次々と彼の身を襲った。


■■
■■ 外食産業の襲う、3つの逆風
■■


 2000年代初頭、
 時を同じくして、日本ではBSE(狂牛病)問題が発生した。
 
 国民の食肉に対する意識は急速に遠ざかっていった。
 
 さらに、その後、
 道路交通法が改正され、酒酔い運転等の罰則が強化されたのである。
 
 それまで街を賑わせていた人々は、
 家で晩酌するようになった。
 
 岡本への逆風はこれだけではない。
 
 追い打ちをかけるようにして、鳥インフルエンザがその猛威をふるった。
 
 これらを背景に、
 郊外の飲食店は相次いで閉店廃業していったのである。
 
 幸いにも、岡本の店は大打撃をくらうまでには至らなかったが、
 経営者として「ある想い」を抱くようになった。

無料会員登録

「会社を辞めず・・・他の仕事を持ちながらでも飲食オーナーになれる。そんなオーナーを500人は輩出したい」これが「週末飲食オーナー倶楽部」代表、高樹公一の口癖です。そんな想いを持つ高樹公一が、自身の経験から得た【兼業的な飲食店経営のポイント】を小冊子としてとりまとめました。
飲食経営にご興味ある方にとって必読の小冊子「虎の巻」(PDFファイル)。このサイトをご覧の方すべてに必ず読んで頂きたい内容です。 しかも無料!

⇒ パスワードをお忘れの方はこちら

詳しくはこちら

プレミア会員

兼業飲食オーナーを目指す方や既存飲食オーナー向け!
他のネット・雑誌&本などでは絶対に公開されていない実践的な情報をお届けする「プレミア会員向けメルマガ」、養成講座・講演&イベントなどの参加費20%割引、その他開業支援サービスなど会員特典メリットが多数あります。

⇒ パスワードをお忘れの方はこちら

詳しくはこちら

プレミア会員ログイン

Copyright © Shumatsu Inshoku Owner. All Rights Reserved.