兼業飲食オーナーを支援する会員制コミュニティー

週末飲食オーナー倶楽部

  • ホーム
  • 週末飲食オーナーとは
  • スタートガイド
  • 飲食経営を学ぶ
  • 養成講座
  • お知らせ
  • 一般会員(無料)登録
トップ > ケーススタディ > 「人生このままじゃ終われない!」36歳で飲食店開業という夢を叶えたバストライバー > 【その3】いざ、東京進出!焼肉店が撤退した物件で、勝負に出ることを決意。

【その3】いざ、東京進出!焼肉店が撤退した物件で、勝負に出ることを決意。

  第三章「いざ、東京進出!焼肉店が撤退した物件で、勝負に出るこ...

オーナー

飯田 隼人(仮名) 36歳
プロフィール

神奈川県出身。本業は観光バスのドライバー。月に約20日はドライバーの仕事に勤しむ。20歳で結婚。すぐに子供を授かり、若くして一家の大黒柱となった。30歳を過ぎた頃から夢の実現に向けて動き出し、2010年7月に焼肉店「青山焼肉道場」をオープン。現在は、サラリーマンの傍らオーナー業にも尽力する。釣りが趣味で、休日には船で沖にでることも。

飲食オーナー遍歴

2010年7月 外苑前に焼肉店「青山焼肉道場」(独自業態)をオープン

 


第三章「いざ、東京進出!焼肉店が撤退した物件で、勝負に出ることを決意。」
  }」


■■
■■ 膠着状態を打開する飯田の決断
■■


  「また一からやり直しか・・・」
 
 飯田はショックを隠し切れなかった。
 だが月日は刻一刻と過ぎていく。
 
 プロジェクトチームが動き出してから
 既に半年以上が経過。
 
 落ち込んでいる暇などなかった。


 再び物件探しの日々が始まるものの、
 目新しものは少なくなっていた。
 
 既に数百軒もの物件をチェックしている飯田にとって、
 一度目を通したものばかり。行く手を塞がれる思いがした。


 そんな膠着状態を打ち破るべく、
 飯田はある決断を果たす。
 
 そして、次の一手となる、あるモノを手に、
 メンバーのもとに足を運んだ。
 
■■
■■ 「ここで行きましょう!」
■■


 飯田が手にしていたモノとは、都内の物件情報。
 
 神奈川の地元出店にこだわりを持っていたが、
 ついに東京進出を覚悟したのだった。


  「もしかすると、この物件は穴場なんじゃないのか」
iida_02.jpg  
 物件をチェックしていたメンバーの目が光る。
 
 場所は東京のオフィス街である外苑前。
 秩父宮ラグビー場・神宮球場から駅までの通り道にあり、
 シーズン中は特需が見込める好立地だった。
 
 そして好都合なことに、
 以前は焼肉店が入っていたため、居抜きで活用できる。
 
 前オーナーの撤退という同じ轍を踏まないための
 新しいコンセプトを生み出すことで、
 充分に戦えるという判断に至った。


  「ここで行きましょう!」
iida_03.jpg  
 打ち合わせの中で店に対するイメージも膨らみ、
 船出として申し分ない場所だと確信を持てるようになった。
 
 そして2010年6月、
 やっとの思いで物件の契約へと至ったのである。


                     (つづく)

 

無料会員登録

「会社を辞めず・・・他の仕事を持ちながらでも飲食オーナーになれる。そんなオーナーを500人は輩出したい」これが「週末飲食オーナー倶楽部」代表、高樹公一の口癖です。そんな想いを持つ高樹公一が、自身の経験から得た【兼業的な飲食店経営のポイント】を小冊子としてとりまとめました。
飲食経営にご興味ある方にとって必読の小冊子「虎の巻」(PDFファイル)。このサイトをご覧の方すべてに必ず読んで頂きたい内容です。 しかも無料!

⇒ パスワードをお忘れの方はこちら

詳しくはこちら

プレミア会員

兼業飲食オーナーを目指す方や既存飲食オーナー向け!
他のネット・雑誌&本などでは絶対に公開されていない実践的な情報をお届けする「プレミア会員向けメルマガ」、養成講座・講演&イベントなどの参加費20%割引、その他開業支援サービスなど会員特典メリットが多数あります。

⇒ パスワードをお忘れの方はこちら

詳しくはこちら

プレミア会員ログイン

Copyright © Shumatsu Inshoku Owner. All Rights Reserved.