兼業飲食オーナーを支援する会員制コミュニティー

週末飲食オーナー倶楽部

  • ホーム
  • 週末飲食オーナーとは
  • スタートガイド
  • 飲食経営を学ぶ
  • 養成講座
  • お知らせ
  • 一般会員(無料)登録

【その3】郊外から都心へ。岡本の再出発。

  第三章「郊外から都心へ。岡本の再出発。」」  &...

オーナー

岡本 浩二(仮名) 40代
プロフィール

広告関係の会社に勤務する傍ら、都内で二つの店を経営するオーナーとして活躍する。住居は東京から離れた地方都市。遠距離を通いながら店の経営に携わり、30代半ばでオーナーとなり、はや10年。新しいビジネスシーズを現在も発掘中。

飲食オーナー遍歴

 2001年9月 郊外(地方)に焼鳥屋(フランチャイズ)をオープン
→2008年3月 本部に売却
 2004年9月 新宿(東京)に焼鳥屋(独自業態)でオープン
→2006年3月 店長に譲渡
 2006年9月 日本橋(東京)に焼酎ダイニングをオープン
 2010年2月 板橋(東京)に中華食堂をオープン

 


第三章「郊外から都心へ。岡本の再出発。」
  }」


■■
■■ 「東京で店を出そう!」
■■

 
 「地方都市ではもう限界があるな・・・」
 
 店をオープンしてから数年の間に起きた現実と、
 それに呼応して元気を失っていく街の現状を見て、
 岡本はそう考えていた。
 
 そして、これを機にある決断を果たすのである。
 
   「東京で店を出そう!」


 岡本はすぐさま行動へと移した。
 
 一度、店を出した経験が岡本の大きな支えとなり、
 自信になっていたのである。
 
 そして、2004年9月。
 新宿・歌舞伎町に前回と同じ業態の店をオープンさせた。
 
 しかし、今回はフランチャイズチェーンとしてではない。
 不動産契約から店舗レイアウトなど、全て岡本が手掛けた自前の店であった。
 当然、前回よりも岡本にかかる負担は大きい。
 
 さらに、勤務先の地方都市のオフィスから、遠く離れた東京。
 常に目を見張れる状態ではなかった。
 
 岡本は、東京でも業務委託というスタイルを導入した。
 
 当初の店長に現場を一切任せ、
 「儲かれば店長にも雇われ店長では得られない収入をバックする」
 というモデルだ。


■■
■■ ハングリーな店長とのWin-Winモデル
■■


 また、岡本なりに色々な配慮をしてオープンした。
 
 それは、
 「店舗面積を10坪サイズにこだわった」ことである。
 
 小規模店舗にすることによって
 固定費を大幅に削減でき、粗利益率の高い店にすることができたのだ。
 
 さらに、岡本特有の経営スタイルが功を奏した。
 
 “業務委託”という形態で、現場の運営は全て店長に一任。
 それだけ人材にはこだわった。
 
 ハングリー精神が強く、
 寝る間を惜しんでも働けるという気概のある人材を店長として起用。
 その代わり、店が儲かった分だけ店長に還元した。
 
 この双方にとってメリットのある手法が機能し、
 店は繁盛を続け、オーナーとして大きな成功を収めたのである。

 そして、オープンから一年半の月日が経った頃――。
 
 店長からの申し出により、岡本は店を譲渡。
 最終的にオーナーチェンジを果たしたのだった。まさにWin-Winモデルだ。 

無料会員登録

「会社を辞めず・・・他の仕事を持ちながらでも飲食オーナーになれる。そんなオーナーを500人は輩出したい」これが「週末飲食オーナー倶楽部」代表、高樹公一の口癖です。そんな想いを持つ高樹公一が、自身の経験から得た【兼業的な飲食店経営のポイント】を小冊子としてとりまとめました。
飲食経営にご興味ある方にとって必読の小冊子「虎の巻」(PDFファイル)。このサイトをご覧の方すべてに必ず読んで頂きたい内容です。 しかも無料!

⇒ パスワードをお忘れの方はこちら

詳しくはこちら

プレミア会員

兼業飲食オーナーを目指す方や既存飲食オーナー向け!
他のネット・雑誌&本などでは絶対に公開されていない実践的な情報をお届けする「プレミア会員向けメルマガ」、養成講座・講演&イベントなどの参加費20%割引、その他開業支援サービスなど会員特典メリットが多数あります。

⇒ パスワードをお忘れの方はこちら

詳しくはこちら

プレミア会員ログイン

Copyright © Shumatsu Inshoku Owner. All Rights Reserved.